まちづくり事業
    • エリアイノベーション

    • 私たちが展開する事業分野は、飲食店経営だけではなく「ほんものを誰にでも」を理念に、産地や流通の仕組みの再生に取り組み「食を通じたまちづくり」に貢献したいと思っています。エリアイノベーション事業部では、施設やエリア、地方の産地が持っているポテンシャルをどのように可視化して、多くの人に伝え、新しい市場を創り出していくかを戦略的に考え行動しています。

      私たちRETOWNが持っているコンテンツやネットワークと、施設やエリア、地方の産地が持つポテンシャルを丁寧に読み解いて、誰が未来のお客様で、どのように多くの人に伝わるのかを組み立て、ひとつひとつの事業を成功に導くため日々トライアンドエラーを繰り返しながら、ノウハウや知識を蓄積し、次の展開に活かしています。

      大阪ミナミの拠点として整備されたOCATの再生、大阪水都の再生に向け、美味しい魚を流通させるための仕組みである中之島漁港や大正の水辺エリア再生、地方の生産者や加工業者と都市を結ぶフードラバーズマーケットといった事業に取り組むことで、エリアのポテンシャルを向上させ市場を創造し、新たな価値を提供し続けています。

  • エリアを再生する

  • 商業施設として魅力を失いつつあったOCATに魅力あるテナントを誘致
    当社でも4つの直営店舗を導入しエリアの新しい価値を創造しています。
    • OCATプロジェクト

    • お店の繁盛が街を元気に!

      OCAT(オーキャット。大阪シティエアターミナル)は、関西国際空港へのアクセスを充実させるため、JR難波駅の再開発の一環として1996年に開業した複合商業施設。
      しかし、開業まもなく利用者数が低迷し、テナントの撤退も相次ぐ羽目に。そんな状況の中、施設再生の期待を受けて2001年、OCATモール1階にRETOWNが開業したのが「Green Cafe」。普段使いの近隣住民、ビジネスマン、旅行者など、ニーズも年齢層も多様な客層に長く愛されるだけでなく、その後の施設全体の活性化にも大きく貢献してきました。
  • OCATプロジェクト
    • 大正リバービレッジ

    • 大正区活性化への貢献を目指して

      大正区の北端にあたる尻無川河川広場を中心とした新たな水辺空間の活用策や、他の水辺エリアとの連携などを中心とした具体的な地域活性化プランを、大阪府市および大正区役所とRETOWNがタッグを組み、2018年春よりスタートする予定です。
      区民に愛される施設になることはもちろん、老若男女、国内外からの多くの方が訪れ、大正区の良さを知ってもらう場に育てたいと考えています。

    • 詳しくはコチラ
  • 大正リバービレッジ
  • 産地と都市を結ぶ

  • 全国の産地とつながり、地方の作り手と新たな流通の仕組みを創造し、
    食を通じたまちづくりにチャレンジしています。
    • FOOD LOVER’S MARKET

    • 「おいしい」には、理由があります。 「おいしい」ことにこだわりを持ったお店を集めた、FOOD LOVER’Sのためのマーケット。
    • 詳しくはコチラ
  • フードラバーズマーケット
    • 中之島漁港

    • 「獲れたての状態のまま大阪に魚が集まる」中之島漁港はその名の通り、都会の中の漁港としての顔を持ちます。
      港町同様の鮮度である事を保つため活魚車を使い活きたまま各産地から運び込まれます。
      「活きたままお店へ」をコンセプトにした漁港としてのこだわりがここにあります。
    • 詳しくはコチラ
  • 中之島漁港