「いくのパーク」のプロジェクトが始動しました!

2022.6.22

2022年秋頃オープン予定である複合施設「いくのパーク」のクラウドファンディングが6月20日(月)より開始いたしました。

「いくのパーク」とは、地域の課題解決を多文化共生の新たな拠点として行い、飲食・イベント・スポーツ・アートなどだけでなく、教育や福祉の機能も持つ複合施設です。

どんな人も、国籍・性別・年齢関係なく集える場所であり、挑戦してみたいことを一緒に取り組んでいける、全国No.1のグローバルタウンを目指しています。

そこで、より多くの方に知っていただき、より良い施設を創りたいという想いから、クラウドファンディングを開始いたしました。

・クラウドファンディング期限:6月20日-8月15日

・目標金額:300 万円

・資金の使い道
 ☆みんなが集える場所を作ります
  ▸ 運動場を芝生化
  ▸ 市民農園で多国籍の植物を栽培
  →老若男女、国籍問わず誰でも立ち寄りやすく、自然に人々が集う空間をつくります。

☆多文化・多世代のサポート窓口を開きます
  ▸IKUNO・多文化共生センターの設立、運営 
  ▸保育施設の運営
  ▸ 外国籍の子どもたちの学習サポート
   →外国籍住民や、社会的に孤立しがちな子育て中の親子への生活上の総合的なサポートを実施します。

☆全国No.1のグローバルタウンに!
  ▸多国籍の料理を楽しめるイベント
  ▸シェアキッチン、キッチンカーのレンタル
   →多国籍の新規飲食事業の発掘と、常設店舗のオープンをサポートすることで、日本で一番多様な食文化を楽しむことができる「全国No.1 のグローバルタウン」を実現します。

・各種SNS(ぜひフォローして応援をお願いいたします!)

TUGBOAT_TAISHOが日本経済新聞に掲載されました。

2022.6.16

大阪市大正区にある複合商業施設『TUGBOAT_TAISHO(タグボート大正)』が令和4年6月4日の日本経済新聞に掲載されました。

この記事では、大阪の川の変化や、水辺を活用したまちづくりに関する内容として弊社を取り上げて頂きました。

ご興味がございます方は令和4年6月4日の「日本経済新聞 35ページ目」を是非ご覧ください。

施設概要

住所:大阪市大正区三軒家西1丁目1番14号

TUGBOAT_TAISHOが都市景観資源に選ばれました。

2022.5.16

大阪市大正区にある複合商業施設『TUGBOAT_TAISHO(タグボート大正)』が5月10日に都市景観資源に登録されました。

都市景観資源とは、景観形成上の大切な資源を、一人でも多くの方々に知っていただき、地域の景観づくりの中で積極的に活用していただくため、所有者との協議もふまえながら登録するものです。

『TUGBOAT_TAISHO(タグボート大正)』は大阪市大正区で8件目の都市景観資源の登録となります。

施設概要

住所:大阪市大正区三軒家西1丁目1番14号

ホームページInstagram

【求人】まちづくり事業:プロジェクトマネージャー

2021.11.8

株式会社RETOWNでは、ともにまちづくり事業を推進するプロジェクトマネージャーを募集しています。


「食を通じたまちづくり」をVISIONに掲げ、これまで飲食店経営、食材の流通、人材紹介事業、まちづくり事業に取り組んできました。

その集大成ともいえるプロジェクトとして、2020年1月大阪・大正区にて河川を臨む複合施設「TUGBOAT_TAISHO」をにオープン。これまで活用されていなかった空間を活用し、賑わいを生み出すことに寄与しています。

さらに2022年には、大阪・生野区の小学校跡地を活用した新たなプロジェクトがスタートします。

ただ一様に集客施設をオープンし、賑わいづくりをするのが私たちの仕事ではありません。

人口減少、地域それぞれの課題は同じように見えますが、深堀りしていくと、それぞれのまちで異なる根っこの原因があります。
そのコアの課題を突き詰めること、その地域が持つポテンシャルを丁寧に見つめなおすことで、その地域に合った課題解決へと導くことができると私たちは考えています。


まちの課題解決のために、1プレーヤーとして新規事業企画、立ち上げ、そして担当のまちで地域の方々、行政、テナント等、あらゆるステークホルダーと関わりながら、地域活性のきっかけを生み出す仕事です。

まちづくりの経験の有無は問いません!若手も大歓迎!
まちを盛り上げていくんだ、という強い気持ちがある方を募集します。

少しでも気になった方は、ぜひ概要だけでもご覧ください!

「きたしんち 弓場慎之佑」コの字カウンターのみのアットホームな隠れ家。毎日食べても「疲れない」割烹料理店が7月21日に北新地でオープン!

2021.9.17

美味しい料理は温度と香りから

きたしんち弓場慎之介は、「料理が一番引き立つ温度」「お客様に届けたい食材の香り」を最も大切にしています。美味しい瞬間を届けるためにキッチンと客席を近くし、ゲストと会話を通して料理を楽しんでいただける、アットホームな空間になっています。

毎日食べても疲れないスタイルを追求

食材の季節を大切にしながら、お酒とのマリアージュを楽しんでいただけるよう、一皿の量を小さくして、できるだけ多くの種類を食べていただけるスタイルで料理を提供します。最後まで食べ疲れしない、また高級食材だけに頼らず、素材を生かし、組み合わせた料理を追求します。

シグニチャーである仕上げのご飯は新潟のお米「新之佑」を使用し、季節の食材と共に土鍋で炊き上げます。

料理人 弓場慎之佑

1990年生まれ。広島県出身。両親が料理店を営んでおり、幼い頃から身近に料理があった。中学時代から「自分は料理の道で生きていく」と決め、広島県立総合技術高校食デザイン科へ進学。高校在学時「日本人としてのホンモノの料理を作るのであれば、日本料理の道へ進むべきではないか」と考え、日本料理の道を志す。高校卒業と同時に大阪で修行を開始。福島の立ち呑み屋の立ち上げや、北新地の日本料理店の料理長など、12年の修行を経て、この度2021年7月21日(大安)に、「きたしんち 弓場慎之佑」をオープン。日本料理を基礎とし、オリジナルをアップデートして未来へと残る食文化を作り上げていく。


店舗概要

店舗名:きたしんち 弓場慎之佑(きたしんち ゆみばしんのすけ)

席数:12席

営業時間:18:00〜/20:30頃〜(2回転)24時閉店

定休日:日曜日、祝日(お盆、年末年始も休業)

電話:06-4400-9780

住所:大阪市北区曽根崎新地1丁目5-21 松木興産ビル7F

アクセス:JR東西線 北新地駅 徒歩1分 / 大阪メトロ 四つ橋線 西梅田駅 徒歩5分

1 / 512345